クレジットカード

2018年JGCへの道のり

JGC(JALグローバルクラブ)の魅力を4つの視点で簡単にまとめてみた

投稿日:

JALグローバルクラブ(以下JGC)の魅力とはどんなことでしょうか。

今年取ろうとしている身ですので、もちろん私はJGCの会員ではありませんのでJALのホームページから4つの視点で簡単にまとめてみました。

私なりの解釈がありますので皆さんと魅力がずれているかもしれませんのでご了承ください。

 

 JALマイレージ関連

航空会社のポイントと言えばマイルでしょう。JGC会員であるとマイルがたまりやすくなります。

初回搭乗ボーナスマイル

毎年初回のご搭乗時に3,000マイルが加算されます。入会年だけでなく毎年受け取ることができるのです。

JGCカードで1番年会費が安いカードの年会費は10,800円程度です。10000マイルを15000のe JALポイントへ変更できるので少なくとも3000マイルは4500円くらいの価値でしょうか?年会費の半分弱の価値が返ってくることになります。

少なくともと記載したのは、座席のアップグレード特典や特典航空券などに変更すればもっと価値が高くなる場合があるからです。

搭乗ごとのボーナスマイル

搭乗ごとにボーナスマイルがゲットできます。

搭乗で着くマイルの35%分プラスしてボーナスマイルとして加算されるようになります。

JGC搭乗ごとのボーナスマイル特典

東京ーハワイをマイル加算率100%で往復すると7600マイル程度たまります。さらにその35%大体2660マイルがここから加算されます。

結構得することになりますよね??ステータスの価値だけでなく金銭(マイル)的にも魅力的です。

予約・搭乗時関連


JGC専用予約デスクが利用できる

突然の予約変更の際には電話をかけなければならないのですが、専用の予約デスクは電話が繋がりやすくなるという大きなメリットがあります。

例えば、天気などによって欠航があったときなどに一斉に航空会社に連絡することになる場合があります。

このような場合であっても専用のデスクに連絡することができ電話がつながりやすくなるためいざと言うときに大きなメリットになります。

予約時の優先キャンセル待ち

JALグループ便が満席の場合、キャンセル待ちを運賃ごとに優先的に取り扱かわれます。

こちらも飛行機のスケジュールがずれたときなどに大きなメリットになる可能性があります。

前方座席指定サービス

電話やホームページから予約をする際に、前方座席を優先的に指定することができます。

あまり大きな荷物を持たずに海外に行く私はすべて機内持ち込みにします。そのため、私はこのサービスには大きなメリットを感じています。

なぜなら、最前方に座ると当然飛行機を早めに降りることができます。

飛行機が現地についてから一目散にイミグレに行くことができ、イミグレのあとは速攻で公共機関に乗ることができます。

私にとっては実に嬉しいサービスになるでしょう。

荷物を預けるとターンテーブルから荷物が出てくるまでの時間を待つ場合もありますからね。

ターンテーブルから荷物が出てくることについてJGCのメリットがありますので、JGC会員になったら荷物を預けるようにするかもしれませんがね。

手荷物関連

受託手荷物無料許容量の優待

  • JALグループ国内線・・・通常プラス20kg以内
  • JAL国際線 ・・・通常プラス1個(1個あたり32kg以内)

わたしはあまり荷物を持って飛行機に乗らないのであまりメリットと感じませんが海外勤務など特別な場合に役に立つ人もいるでしょう。

プライオリティバッゲージサービス

JALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便ご利用時に、到着空港にて優先的に手荷物の引き渡しされます。

これはかなりメリットがあるのではないかと思います。

わたしは、荷物を預けません。その理由は大きく下の2点

  1. 荷物がなくなるのではないかと不安
  2. ターンテーブルから出てくるのが遅い

私の知人でも海外で飛行機に乗ったら別の便に間違えて持って行かれた話は何人からも聞いています。

荷物は帰ってきたそうですが、その時の旅行ではあまりいい思いがしなかったのではないかと思います。

また、毎回なんですが、ターンテーブルから荷物を待っている時すごいイライラします。

人が群がって自分のがよくわからないし見てなきゃいけないから疲れます。

その点プライオリティバッゲージサービスであれば荷物は早く受け取れるし、きっちり管理されると思うので荷物がなくなる可能性が低いのではないかと信じています。

今まで荷物を預けない私ですが、JGC会員になったらここぞとばかりに荷物を預けるようになるかもしれません。

JALグローバルクラブ エントランス

JALグローバルクラブ エントランスは羽田空港、伊丹空港、福岡空港、新千歳(札幌)空港に設置されています。JGCカウンターの横にある専用のエントランスから保安検査場に入ることができます。

会員しか利用できないエントランスなので、繁忙期や出発時間ギリギリでの保安検査時に絶大なメリットを発揮します。

年末年始や夏休み、GWなどの大型連休は、通常の保安検査場は激込みになります。専用エントランスでは悠々とあまり並ばずにすみます。

ファストセキュリティレーンの利用

成田空港第2ターミナル出発のJAL国際線ご利用時に、セキュリティレーン入り口の専用セキュリティチェックを利用することができます。

ファストセキュリティレーンについても、夏休みや年末年始の繁忙期に無駄な時間をかけずに済むメリットが大きいです。

あの時期に並ぶとウンザリしますよね?

優先搭乗

JGCカードとご搭乗券をご提示いただくことにより、JALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便へのご搭乗時に、一般の搭乗客に先駆け、優先的にご搭乗できます。

搭乗の時も並んだりして面臭いですよね。それがありません。

さっさと自分の席に行って手荷物を上にしまってゆっくりすることができます。

 


空港ラウンジの利用

 

本人だけでなく。同行者1名までは無条件で、それ以上はラウンジクーポンを使うことで、+2名までを追加することができるようです。

サクララウンジでゆっくりと飛行機を待つことができます。通常のクレジットカードで入ることができるラウンジよりもサービスが良いようです。お酒や食事をとることができます。

まとめ

だらだらと書いてしまいましたが、それだけメリットがいっぱいあるということです。

私は並んだり待たされるのが嫌いですので優先されたり専用レーンがあるのは大きなメリットを感じます。

マイルがたまるのはもちろんのこと、この優先されることをメリットとして考えてJGC会員を目指してみることにしました。

JGCにいったんなってしまえば、カードの年会費を払う限り半永久的に受けることができる、というのが最大のメリットです。

JGCをめざすならまずはJALCLUB-Aカードを持つところからです。

 

-2018年JGCへの道のり

Copyright© JALマイルで世界一周 , 2019 All Rights Reserved.